自動車重量税、別称重量税というものは、国産メーカーの車とかドイツ車という愛車の生産している国やミニバン、ロールーフ車という自動車のタイプも関係なく例えば、スバルやクライスラー、等にも当たり前に納付が必要な税のことをいいます。

新車登録をする時、あるいは定期的にある車検を受けるさいに支払う税になります。

金額はクルマのウエートで定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」を比べると全く違う税金ですから、しっかり理解して一緒にしないようにする必要があります。

「自動車重量税は自動車の車重により」「自動車税はクルマの総排気量で」その金額が違います。

それにより買い取りする時の扱いも変わってきますので、注意が必要です。

車の売却のときには支払った車の額がどれだけ残っていた場合でも、その金額が還付されるようなことはないです。

一方で、自動車税の場合は支払った税金を売却額に乗せてくれるような場合があるものの重量税の場合は足されるようなことは全然ないといえます。

重量税は、売却時に既に支払った税金が残っているとはいえ店側でその事実が材料になる場合はほとんどないものなのです。

そのため次回の支払い要は車検に出すまで処分を待ち売却をするということがベストです。

車の売却の際は戻ってこない重量税ですが、特定のケースだと還付していただける可能性があります。

これに当てはまるのは、車検が残ったままの車を廃車処理する場合。

要するに抹消登録をした際に、残存期間に応じて額が戻ってきます。

ですが、自動車引き取り時はその中古車が廃車されるのとは違って還付されません。

また自動車の名義変更をした場合や、盗難被害に遭った際も返金してもらうことは不可能です。

重量税が残っている愛車を手放すということはつまり車検がまだある自動車ということです。

そのことを買取店も考慮しますから、重量税の残存期間があれば、それなりに売却額が上がると思います。

勿論、買取額は業者次第でまちまちなのですが、車検がまだあることが忖度されれば、車の売却額からみたらそこまで払い損ということもありません。

Copyright © 2002 www.ryoushicyokusou.com All Rights Reserved.