FX投資初めての方がマーケットの要所を見つけるには第一に実戦を積み重ねていく事が大切である。

特に、前もってピンチを察知できるようになるには、へまを積み上げることも体験のひとつです。

ただし、損をするといっても、致命的な間違いをする事は問題外です。

取り戻せるほどの失敗を何度か実績を積む事が、結果的に自らの場数を増やす事が出来ます。

そう考えるとまず最初は少ない資金でトレードを行ないここで何度か小さな失敗をすることを推奨します。

ひとつの例として、100万円だけしか投資に回すお金のない場面ではじめに少しも残さないで投じて取引するとミスした時、立ち直れなくなってしまう可能性があります。

それよりは、資金の10%ずつ分けて売り買いしてここで売買を経験した方がじょじょにマイナスをカバーする手法なども習得するはずです。

最初に少ない額で売買する事の良い点は既出の通り、自身の経験を増やし、失敗を避ける方策を身につけることにあるが一緒に、トレードの回数を増やして、危険性を削減できるという価値もあります。

想定として、1回だけの注文で儲けられる可能性が5割だとします。

ということは、等しい確率で負けるリスクもあります。

勝率50%ということは二分の一の確率で勝利できる事を表現しています。

だがしかし、全ての資金をつぎ込んで1度だけの取引をするということは、勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

このままでは1度だけの賭け事と同じです。

それは全財産を投じて1回こっきりの売買しないとその分だけ損が生じる可能性が高まってしまうのである。

これを避けるために、お金を全て投入するのではなく何度かに分けて投資経験を多くすることがリスク分散となります。

また少しずつに分割しても全てのエントリーで勝つ事は大切ではありません。

正確に言うと、勝つことが出来ないのが実際のところです。

売り買いで大事なのは、勝つ確率ではなく、どれほど稼ぐかです。

勝率が同じでも仮に3割でもプラスにする事は出来ます。

5割以上負けてもその収益がわずかであれば、3割の勝利のプラスで上手に儲けられます。

そのために重要な事は、損を少なくして、儲けを大きくして肝に銘じる事です。

損失が生じたら直ちに損切りし、逆に儲けられる場合には大きくプラスにする事が、外国為替証拠金取引初心者がFX投資で儲ける極意です。

Copyright © 2002 www.ryoushicyokusou.com All Rights Reserved.