貧血対策に効果的な料理素材を調べました。 レバーは1日150から200グラムをいためたり、煮たり、ペーストにしたりして食べます。 レバーペーストにして、ゴマ、クルミなどを加えると、レバーぎらいな方にも食べやすく、パン食や、お酒のつまみにもたいへん重宝します。レバー料理を2週間続けると、動機や息切れが和らいでくるほどで、まさに特効食品となります。ただし、レバーは酸性度が強いので、かならず野菜、海藻などのアルカリ性食品をいっしょにとることが大切です。 鉄分の多い新鮮な生ガキをレモン酢、ポン酢をかけて食べます。これがもっとも栄養を損ねない食べ方です。生で食べられないカキは、土鍋の周囲に味噌を塗り、だし汁を入れて、豆腐、シュンギク、ネギ、とともに煮る土手鍋、カキフライ、カキご飯などにします。 ハチ密は増血作用のある葉酸、鉄、胴などを含んでいます。砂糖代わりにパンにつけたり、ジュースに加えたり、ハチ密漬けに使ったりします。

Copyright © 2002 www.ryoushicyokusou.com All Rights Reserved.