外国為替証拠金取引をやる面白さは単独の商品でありながらお金を掛ける期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスの3つの中からいずれをセレクトするのかということで出資の方策が大きく違ってくるというところにあります。

初めに外国貨幣への投入の「長い時間をかけるスタンス」に関して見てみましょう。

長期投資とは一年以上の長期出資が前提とされているものです。

だいたい為替相場においては一年以上先々の為替レートが円高であるか、あるいは円安なのかを予測するのはほとんど難題だと思います。

普通の人は「そんなにも後の変動は予想できない」となるのが普通でしょう。

見当もつかないことをがんばって予測しようと思ったところで、そんなことは無茶苦茶な行為なのです。

そういったことから外貨を買ったとして、その時点での価格よりも円が高めになっていてもその分はそのうち元に戻るだろうという程度の感じで売り買いに取り組むのが良いと思います。

為替差益を一生懸命に求めるよりも、それ以外の収益、言い換えればスワップ金利で儲けるというのを、まず最初の目当てとして出資しましょう。

当たり前ですが、為替変動の為の損失がかなりなってしまうこともあります。

したがって、その為替差損にも影響の少ないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をできるだけ少なめに抑える心がけは大切です。

外国為替証拠金取引(FX)は、為替差損が一定金額を超えて広がってしまうと、追加保証金(追い証)を求められたりもしくはロスカットを置くことになります。

ロスカットになったら、即やり取りを決済しなければならず、長期のトレードはできなくなります。

この例のようなリスクを回避するためには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2〜3倍あたりでトレードするのが安心かと思います。

次に中期のスタンスを狙ったやり取りです。

中期の投資の場合長くても2ヶ月くらい経った頃を予測しての取引となります。

為替のトレードの時は、1ヶ月くらい後のことは、ほとんどの場合、想定できるなケースが多いでしょう。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)を始めとした国同士の論議であったり、マーケット参加者がいかなるポイントに興味を持っているかを聞いてみればいくらか予測できるはずです。

このような経済の基礎的条件を見ながらなお、チャートを見ることによって、レートの動きを把握できるようになり買いポジションか売りポジションかをジャッジする方がいいと思います。

基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニックのどちらも光り、あるいは買いが同様であればおおよそその通りに動いていくと考えて大丈夫です。

保有高を増やすことによって多くのリターンを手に入れられるのはほぼ確実です。

第三に短期のスタンスのポイントです。

ここでの短期のスタンスが指しているのは、言わばデイトレーディングのことを指しています。

為替相場でデイトレードをする際はファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は絶対に関係しないと言い切れます。

あくる日の為替相場の動きに、経済の基礎的条件は無関係だからです。

この場合一番の重要ポイントは目を引く事柄がある場合それが影響して為替のレートが目立って変化する機会を逃さないよう取引することです。

たとえば米国にて雇用者の統計が公開されるあるいは金融政策決定会合などにより金利が動くという出来事。

このような絶好の機会に変動を逃さないといった意味で、短期のスタンスでは多種の要素が必須となる。

Copyright © 2002 www.ryoushicyokusou.com All Rights Reserved.