キャッシングを使用するためには、利用するキャッシングサービスの審査に申し込んで、そのサービスの審査をクリアすることが前提条件です。

では、そういう審査基準では、ご利用者のどの部分が審査されるのでしょうか。

金融会社は審査の申し込みをもらうと、弊社の登録リストに申込み登録者がもうエントリーされているか調査します。

続いて、信用情報機関等に問い合わせて、申込みした人の情報があるかどうか調査に移ります。

そして、申込みした人の才や過去の使用履歴と、プライベートな情報の方からも調査していくのです。

最終的に、融資を承認するかどうか、どれくらいの金額の融資を許可するのか等をジャッジします。

審査をクリアすることで、キャッシュカードが発行され、キャッシングサービスを活用することが可能です。

キャッシングの申し入れには、申込み者の個人に関する情報といえるもの全部見せるつもりで望む必要があります。

自分のことは言うまでもないですが家族構成や、職や勤務地や、住み家の環境なども審査項目に記入しなければなりません。

貸付け会社の厳しい審査では、このような判定する項目のことを属性と呼びます。

中でも、特別に重要とされる属性があり、そこに問題が出てしまった時は、審査基準をパスする見込み低くなってしまいます。

大切とされる属性とは、申込み者がいったいどういう人なのかというものを分かることができるもので、また立証がとれるものについては重要視される動きがあるようです。

重要視される属性の中でも、収入水準が把握できる属性も重要とされるようです。

月の収入は重要とされるだろうと思われるかもしれないのですが、現実、自分で申告することが可能なため、月の収入自体の確認がわからない限りはそこまで重要とされるものでないとされています。

嘘の情報も可能であることから、裏付けがあるものより重要とすることはないです。

そして職業の面では、中でも「転職しない」職種であれば、難しい審査にも関わらすプラスになります。

公職などがその一つの例で、公務員に次ぐ職業には安定があるサラリーマンなどです。

マイナスポイントとなってしまう職種は「不安定な職種」とされています。

酔客を相手とする職業や、アルバイト、個人事業主や、作家なども、安定した業種には判断されにくく、審査は厳しくなるようです。

一方で住居の面では、持ち家であるか否かということは無論重視されるはずですが、それと同時に、住んでる年数も大いに重視されます。

金額が高いマンション暮らしているか否かというよりは、どんな家であろうが長期間住んでいるほうが、審査そのもの自体ではプラスです。

ずっと住んでいると、信用できると評価されるのです。

Copyright © 2002 www.ryoushicyokusou.com All Rights Reserved.