外為の経験がない方が相場の要所を理解するには、取引経験を重ねる事が重要です。

特に、前もって危険を気付くようにするには、失敗を重ねる事も大切です。

もちろん、間違いをするといっても、持ち直せないほど致命的なミスをする事は話になりません。

取り戻せるほどの間違いを幾度か積み重ねることが、最終的に自身のレベルを上げてくれるはずです。

そう考えると初めはわずかな額でトレードを行ない、これによって何回か取り返しが付く損をすることが大切です。

仮に、100万円しか投資できない状態で少しも残さないで投資してエントリーすると、負けた時、その後立ち上がれなくなってしまうリスクがあります。

それよりも、仮に少しずつ小分けして注文して、これによって売ったり買ったりを積み重ねた方が、着実に負けを補う技術なども覚えるはずです。

まずはじめにわずかな額でエントリーする事の有益なところは、先に記したように、あなたの経験を増やし負けを回避する方策を身につけることにあるが、売買の回数を積み重ねて、リスクを小さくできるという利点もあります。

例として、トレードで勝てる可能性が5割だとします。

言い換えると、同じく50%の確率で損が生じる可能性もあります。

勝率50%ということは半々の割合でプラスになる事を現しています。

だがしかし、全部の資金を使って1回こっきりの勝負をするということは勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

それはたんに1度のギャンブルと同じです。

つまり、全財産を使って1回こっきりの仕かけないと、これでは損が生じる率が大きくなります。

これを避けるために、投資資金を全部賭けるのではなく何度かに分けて投資経験を積む事がリスク分散となります。

だからといって少しずつ分けたとしてもすべての取引で勝利する必要はありません。

というか、勝てないのが実情です。

売り買いで大切なのは、勝利回数ではなく、どのくらい利益を出すかです。

勝率が50%でも、さらに勝率3割でもプラスにする事は出来ます。

5割以上負けてもマイナスが少なければ、少ない勝ちの儲けの大きさでかなり儲けられる。

それには、損を小さく、利益を大きくを忘れない事です。

損益が出たら直ちに損切りして反対に儲けられる時は可能な限り大きく利益を上げることが外為取引初めての方がFX投資で儲ける神髄です。

Copyright © 2002 www.ryoushicyokusou.com All Rights Reserved.