外為取引(FX)の投資の対象は、世界各国の公式通貨でしょう。

流通通貨についての事を吸収していこうと計画しています。

・通貨の単位には「基軸通貨」という名称でよばれるものが存在します。

基軸通貨の意味ですが各国間での決済について金融の取引について主体として活用される流通貨幣のことで、現時点はアメリカ合衆国ドルです。

かつては£(イギリスポンド)基軸になる通貨でしたが第二次世界大戦が終わった後米ドルになるに至ります。

・FXで売買可能な公式貨幣の種類に際しては他の外貨での投資と比べてみると相当多いのが特質というのがあげられます。

FXの業者によって取り扱う公式通貨の種類については、変わってますが、通常ではおおよそ20種類ある模様です。

20種類の中でも動きが大きい流通貨幣をメジャー通貨と呼びます。

変動性が大きいというのは、取引きが盛んに実行されておるという事をしめしていて公式通貨の売り買いしやすいという事を意味します。

メジャー通貨には上記においてお話した基軸通貨の$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)、日本円、ユーロ3種の貨幣があり、世界三大通貨と呼ばれています。

ニュージーランドのドル、カナダのドルなどが準メジャー通貨と呼ばれております。

世界三大通貨と準メジャー通貨以外の流動する性質が小さい通貨に関してはマイナー通貨と呼ばれかなり国の力や経済の力が比較的弱い国の通貨価値で南アフリカランドやポーランドズロチ、メキシコペソなどが主流の通貨については、取引しておる程度が豊富なというのもあり、値の激動が安定していて、情報の数も多くいきかっているようです。

マイナー通貨に関しては、利息が高額なケースが多いので値動きが激しいとの事らしいです。

値の乱調がすごいいう事について多大な黒字を得る絶好の機会があるのですが利益がある分危うさも大きいです。

重ねて変動性が弱い公式通貨ですから終了決定したい時により決済が忍びない可能性があるとの事です。

どの通貨をえり好みするのかというのは、個別の流通貨幣の特徴を詳しく吟味してから実践する事は大事であると感じます。

Copyright © 2002 www.ryoushicyokusou.com All Rights Reserved.