商店で全部の保有カードが使用できるわけではない▼カードの加入店は多くの場合、たくさんのクレジットカード会社と契約しているんですが残念ながら全ての商店で全部の会社の所有カードが切れるわけじゃありません。

つまり以前からある加盟店舗の場合はJCBのマークの書いてあるそのクレジットカードしか切れない場合もあるし今日の商店の場合だとVISAやMasterCardといったロゴの書いたクレジットカードのみしか使えない場面もあります。

ダイナースといったカード会社の場合もっともっと切れない場所が増えるはずです。

どのクレジットカードが決済可能かというのをいかなる方法で見分けたらいいか?「じゃあいかなる方法でどのような所有カードが使用可能かというのを判断するといいのか?」といってはみたものの、ちゃんと理解するとしたら商店の人に問い合わせてみる以外ないていうのが正直なところその答えです。

とはいえ大部分の店舗やホテルには店舗前の分かりやすいところなどに使用可能なカードの印がプリントされた認証ステッカーがあるから「へーそこの店舗ではアメックスが使えるのだな」ということが不安にならないようになっているため頭に入れておいていただけると思います。

しかしながら、細かく契約管理が出来ていないお店で切るときには、マークが貼り付けられているお店でも「うちではお持ちのクレジットカードはお使いいただけません」といったような回答をされてしまうケースもあるので、あたふたしてしまうこともあるでしょう。

可能な限り十分な数の加盟店舗で有効であるようにするために、もう一つのロゴ(インターナショナルな会社)が書かれている一般的なVASA、MasterCard、JCB、ダイナースカード、アメックス、といったカードを2、3枚財布に入れておくようにして欲しいと思います(例として:VISAカードを携帯しているならその次はアメリカンエキスプレスカード契約のクレカを契約するといった方法)。

国内においてはVISA、マスターカード、JCBの3つの印が入ったクレカをいつも所持していれば、だいたい100%近くの加盟店で3枚のうち少なくとも1枚のカードを差し出すよう準備万端というわけです。

クレジットカードをいつも財布に忍ばせて日常的に節約を目指すならば、早いうちに万能に対応できるカードを使えるようにしておいていただくことをお勧めします。

Copyright © 2002 www.ryoushicyokusou.com All Rights Reserved.