未払い残高の返済義務があるクレカの使用取りやめをするときも気をつけるべき≫月割り返済サービスもしくは各種サービスキャッシングといった支払うべきお金に関する返済が引き続いて終わっていないステップで使用不可能化などをしてしまうと、ごく合理的なこととも言えますがクレカの解約と一緒に返済残額に関して全額の支払いを求められる場合もあります(例えば払い出しが未完の分について金を使用取りやめしたいというのであれば早く返済しろという風に請求されます)。

家計のお金に蓄えが使用可能な状態で残っているケースにおいて即座に解約するのであれば問題は起こらないと思われますが余裕が少ない段階でそのような解約ということをやってしまうのは戻ってきたブーメランで怪我をするようなものなどとも言っても過言ではないのですから、返済が完了してから解約を開始するように考えた方が安全と思います。

使用不可能化に際してどの程度お手元のクレジットをショッピングで使って支払うべき金額がどれくらいかをしっかり確認した後で解約するようにして下さい。

契約失効手続き上の必要経費がかかってしまうクレカもあることに注意:いまだに、あまりにも特異な例外に限られてはいますが稀にクレカで解約上のマージンなどというものが発生する例がある(一部のJCBカードなど)。

相当特殊なケースである故にまず考慮せずとも不都合は生じないけれど、カードを利用し始めてからある一定の間の段階で機能停止するような状況では使用取りやめのための代金という望まざるべきものが必要になる仕掛けになっているため、そういった使用不可能化のための代金を支払いたくないと思っているならば指定された期日が過ぎるのを待ってきちんと使ってから契約失効手続きに及ぶようにした方が良いでしょう。

また安心して頂きたいのですが上記で説明したようなケースは使用不可能化しようとした時にカスタマーセンターの担当者より通告もしくは予告というものが漏れなく言ってもらえるようになっています。

事前の通知がまだのうちに性急に使用取りやめ上のマージンといった類いのものが徴収されるというようなことは考えにくいはずですからまずは解約をカスタマーセンターに申請して、自らが所持しているクレジットの機能停止上の必要経費が支払いの義務があるかそれとも必要ないか確認してみて欲しい。

Copyright © 2002 www.ryoushicyokusou.com All Rights Reserved.