為替の介入という言葉は聞いた事がありますか?日本銀行が介入して新聞記事、テレビ番組、グーグル等の報道で確認した人もたくさんいるでしょう。

初めから為替介入(外国為替平衡操作)は我が国の場合、財務大臣が為替の沈着を実現できるように遂行する手はずとして評価されています。

簡単に言えば、急激な円高や円安が起きると財務大臣の用命が出ると中央銀行(日本銀行)円を売り買いすることで為替レートの安定をさせるものです。

為替介入(外国為替市場介入)は種類があります。

単独介入・・・行政や中央銀行(日本銀行)が東京での市場で自分から市場に参加して外国為替市場介入(為替介入)をする。

協調介入・・・銀行などが話し合ったうえ各通貨当局の持っているお金を使いみんな一緒にないし随時為替の介入を行なっていく。

委託介入・・・他の国の銀行などへの為替の介入を委ねる。

4.逆委託介入・・・日銀が他の国の通貨当局に成り代わって為替介入(外国為替市場介入)を実行する。

こういったやり方です。

いずれの方法の為替介入(外国為替平衡操作)も一時期、引き続き為替の市場に多くの影響を与えます。

為替介入(外国為替平衡操作)のお金はさすがに国の面目をかけて行なうだけに桁違いです。

円を元に例えると、通常はほんの少し動いている相場がいきなり数円ずつの変化をするのです。

個人で投資をしている方であれば一回くらいは体験していると思うのですが今まで期待通りに含み資産(もしくは含み損)が増えているポジションを持ち続けていたところに、維持している保有高が決済したとの内容の連絡が外為の会社の発信でメールが届き。

どのくらい得したのかな(損したのかな)?と気にしながら決済通達を見たところ、自分が期待していたのとは真逆の事態になりびっくりしたとのパターンがよくあります。

為替介入(外国為替平衡操作)が実施された時によく起こることなのです。

為替介入(外国為替平衡操作)を行うと、為替の市場の傾向と正反対の変化をするのです。

それだけでなく変動する額の範囲はものすごく大きく大幅に変わるため注意が必要なのです。

Copyright © 2002 www.ryoushicyokusou.com All Rights Reserved.