自賠責保険という保険は正しくは自動車損害賠償責任保険と言い、略して自賠責保険とよばれる保険です。

このような自動車損害賠償責任保険は別名強制保険と言われクルマを決められた期間ごとの車検に出す場合はその車検の期間に効力のある自賠責保険に入っている必要があります。

言い換えれば全ての車が加入していなくてはならない保険なのです。

それではクルマに自賠責保険がついたまま売った場合はどうなるか考えてみたいと思います。

自賠責保険という保険は車検時に更新になるというケースが多数あるものですが、もしも自動車損害賠償責任保険に加入した自動車を売りに出した場合は保険料が返還されることはほとんどありません。

というのも、自賠責保険の加入をいったん消して新たな保有者に移すのはなかなか面倒くさいのです。

ですから自賠責保険は、名義変更をした後にクルマと一緒に手放すことが一般的です。

ただ、それと同等の金額を買取額に足してくれるのです。

自賠責保険の場合は自動車税とは異なり、支払い済みの保険額を月々で割り算した金額が返還されるわけではなく査定額に乗っけるという手法をとるのが普通ですが買取査定票に載ることはほぼありません。

ですから、引き取り時は強制保険(自賠責保険)を考慮した額が売却額に反映されているかを確認したほうがいいでしょう。

自分が支払った額がどの程度の金額かを把握しておけば間違いはないと思います。

その自賠責保険にかかる料金に関しては期間によって変わってくるため、注意してください。

自動車の買取の場面では保険の名義を書き換えしなければなりません。

これを忘れていたら、保険の提供元から自賠責保険の満了の知らせが来ることになります。

あなたが手放すか悩んでいる自動車がほんの少しでもお得に売れることを応援させて頂きますね。

Copyright © 2002 www.ryoushicyokusou.com All Rights Reserved.