普通のはじめたばかりの人向けの外国為替証拠金取引のテキストでは、「損失が生じた場面ではナンピンをすることで、全体の平均のコストを小さくする」等助言されていたりする事もありますが、現実にはそこには落とし穴があります。

ナンピンの手法について手短に説明します。

一例として1ドル=100円でドルを買ったとします。

ドル買いですので円安ドル高に向うほど儲けが大きくなりますが不幸にして1ドル95円まで円高ドル安が進んだとします。

この場合ポジションを所有し続けたら損失が戻るためには5円分、円安が進まなければなりません。

誰もが、マイナスは出来るだけ早く戻したいと願います。

それを解決するためはじめに取引したのと同額分のドルを、1ドルを95円で買い増しする。

それで、平均の買い付けコストは97円50銭まで低くすることができる。

2.50円の幅で円安ドル高が進むと赤字を回復できる。

この流れがナンピン買いの原理です。

このとおり、ナンピンの理屈を知ると「その通り」と思ったりするが為替相場は易々と思うようにはいきません。

初めから、1ドル95円が底値だということなど誰も想像できません。

もし、為替相場がかなり強いドル安動向だったら、1ドル=95円では収まることなく円高に進む危険性はあります。

97.50円でナンピンをした場合に、95円までドル安になったとしたら、ナンピンをした分についても損失が生まれます。

それでは、最初に持ったポジションとトータルでより大きなマイナスが生じる事になります。

例示したとおり、ナンピンは厄介です。

それなら、相場が筋書きとは逆向きに素早く行ってしまった場合、どういう方法で危機を回避すればいいのでしょうか。

ここで選ぶべき選択肢は限られています。

ひとつは覚悟を決めて、損失を確定する事です。

ふたつめは、今、あなたが所有している買いポジションを少なくする事によってもう一度市場が戻るのを黙って待ち望む事だけです。

だいぶ後ろ向きなやり方だと思う方もいるだろう。

だがしかし、自分が保持している買いポジションに損が出た場合、最もリスクが低い手法はこれ以上のものは考えられない。

机上では、ナンピンという術も有効です。

だがしかしナンピンは自分が損失を出している場面にもかかわらず買いポジションを無くすどころか、遂にポジションを積んでいく考え方です。

この手段では、危険性をコントロールすることなど、どこをどうやっても不可能だ察するべきです。

ナンピンをしていけばいずれは勝てるかもしれない。

でも、それより前にお金がマイナスになってしまいます。

Copyright © 2002 www.ryoushicyokusou.com All Rights Reserved.